<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第5回道志村トレイルレース | Main | 血尿 >>
フランシス・ベーコン展
 

何十年ぶりだろいか、30年以上経ってるかな?
実物を生で見たのは、20代のときだったような・・・
作品を前にして、鳥肌が立った記憶がある。
今回は鳥肌は立たないが、頭痛とめまいがして来た。
脳ミソやカラダの中で、ザワザワと何かが、
うじ虫の様にうごめき出すような感覚になる。
ベーコンの作品は、鑑賞する絵ではない。
猛獣を、檻を隔てて触れる距離で見る時、ましてや、
餌の臓物を食いちぎって、血まみれの姿だったら、
その視覚行為を、鑑賞と呼べるだろうか?
覗いてしまった。見てしまった。 に、なるのだろう。
ベーコン曰く、自分の絵には金色額縁とガラスをと。
さしずめ、ガラスは見るものとの距離をはかる檻。
「接近すると、見るも者の精神を食いちぎりますよ」
とでも言いたいのだろうか?
今日の身体感覚。
当分こびり付いて離れないんだろうな。
体感する絵だ。改めて感じながら美術館をあとにした。


人間なんて、 ラララララララーラ。


― 追記 ―
 
ベーコンは、
「軽くゆでた卵ほどこの世で好きなものはない」
と言ってたらしい。
やっぱり、これぞ、ベーコンエッグだ。(笑)


JUGEMテーマ:美術鑑賞
COMMENT









にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

by PODCAST-BP