<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 走った後は、甘いもん | Main | 中華アンプ >>
第7回湘南国際マラソン
 

自己記録更新だぁ!
なんて思って意気揚々とのり込んだけど、
終わってみたら散々な結果で、歩くのもおぼつかず、
目は霞み、正気を失い、病人のようになってゴール。
大会前から股関節と大腿部の付け根に変調があり、
10キロを過ぎたころに、軽い痛みを感じたので、
大事を取って、鎮痛剤ロキソニンを服用。
痛みもスーッと消えて、テンポよく脚が動き出し、
ペ-スを5分/km以内に保つも、苦しくな〜いし、
心身ともに気持ちいイイ高揚感に浸りつつ、
30キロまでは順調に進んでいたので、
(実際、そこまでは記録大幅更新)
「残り10キロ、1時間でゆっくり走っても記録更新だ」
などと、予定通り以上の展開に、「俺ってすごくない」って、
自画自賛しながら、ほくそ笑んでいたのでしたが、
だが、だがです。マラソンの神様の厳しい洗礼開始。
無理がたたって、後半にカラダのあちこちに異変。
(無理したつもりはないが、調子に乗りすぎたかも)
細胞のすべてが労働ストライキを起こしたようです。
両脚は突然、こん棒、いや、伸びないゴムになり。
吐き気にも襲われ、路肩にうずくまり3回吐いた。
真っ直ぐ歩こうとしても、右や左に傾くし、
目の前に霞がかかったように視力が衰えるし、
「ああ、救急車のお世話かぁ」って、頭を過ぎりました。
もう、こうなると走るどころではありません。
意識が無くならないよに前に進むだけです。
途中、マラソンの神様の声が聴こえるようでした。

「お前、フルマラソンをなめるなよ」

「フルマラソンは、30キロからだって知らねぇのか」 


人間なんて、 ラララララララーラ。 

― 追記 ―

帰宅してから、ランウォッチ記録を確認したら、
走行ペースのMAXが、3:39/kmってなってた。
前半、調子こいて走ってた事実が数字で判明。(笑)
よっ、お調子者!

COMMENT









にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

by PODCAST-BP